買取と仲介の価格の違いはなぜ生まれるのでしょう?

買取より仲介の方が高く売れるのはなぜ?

 

家を売る方法には不動産業者による「買取」と「仲介」の2つの方法があります。

 

不動産買取と不動産仲介

  • 「買取」…不動産業者が、あなたの家を直接買い取ること。
  • 「仲介」…不動産業者が間に入って、一般の買主に家を売ること。

 

一般的に、「買取は早く確実に売れる」「仲介は相場よりも高く売れる可能性がある」と言われています。

 

それぞれにメリット、デメリットがありますので解説していきます。

 

買取と仲介で売却価格が違うのはなぜ?

買取と仲介で売却価格が違ってくる一番の理由は、不動産業者の利益の出し方の違いです。

 

簡単に説明すると、

  • 安く仕入れて、高く売ることで利益を出すのが「買取」
  • 売買による手数料(売買価格の3%+6万円)で利益を出すのが「仲介」

つまり、不動産業者は
「買取」の場合は安く買えた方が利益が大きくなり、
「仲介」の場合は高く売れたほうが利益が大きくなるわけです。

 

「買取」と「仲介」それぞれのメリットは?

買取のメリットは、不動産業者に直接買い取ってもらえるので、すぐに売れるという事です。
また、仲介手数料もかからず、面倒な手続きなども少なくてすみます。

 

仲介のメリットは、相場よりも高く売れる可能性があるという事です。
少なくとも、不動産業者による買取で売却するよりは高く売れます。

 

「買取」と「仲介」それぞれのデメリットは?

買取のデメリットは、一般的に「仲介」で売却する場合よりも売却価格が安くなってしまうという事です。

 

仲介のデメリットは、売却までに時間がかかるかもしれないという事と、必ずしも希望の価格で売却できるとは限らず、値下げをしないと買主が見つからない恐れがあることです。

 

「買取」と「仲介」で気をつける悪徳業者の手法

不動産業者の中には違法すれすれのやり方で利益を増やすところもありますので気をつけないといけません。

 

悪徳不動産業者に注意

 

不動産買取で気をつける事

まず「買取」に関してですが、「買取」で気をつけるのは売却価格に関してです。
不動産業者は安く売却してくれた方が利益を出しやすいため、安く買い叩こうとしてきます。
全く知識が無いと、言いくるめられて相場よりもかなり安く買われてしまうかもしれないので気をつけましょう。

 

ある程度の相場を把握するためにも、不動産一括査定サイトなどを利用して相場観を身につけるなどの武装が必要です。

 

不動産仲介で気をつける事

不動産仲介で気をつける事は3つ。

  • 査定額を釣り上げて「専任媒介」を狙う業者
  • すぐに値下げをさせようとする業者
  • 袖の下で利益を得ようとする業者

これらは全て最初の査定額よりも大幅に値下げをすすめてくるやり方です。

 

仲介には1社だけに仲介を依頼する「専属専任媒介」と、複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる「一般媒介」があります。
「専属専任媒介」の契約を結ぶと、他の不動産会社に仲介を依頼することができなくなるため、不動産会社にとってメリットが大きいです。

 

はじめに他の不動産会社よりも査定額を高く提示して「専属専任媒介」契約を結び、結局その価格では買主が見つからず値下げをすすめてくる業者もあるので気をつけましょう。
はじめから「専属専任媒介」契約を結ぶために、査定額を釣り上げているわけです。

 

また、仲介の場合、不動産業者は高く売れたほうが利益は大きくなりますが、その分買主を見つけるのも大変です。
そのため、楽にすぐ売れるように値下げをすすめてくる業者もいます。

 

また、買主が見つかった後、「売主」「買主」の間に入って公平た立場で取り引きの仲介に当たるのが通常ですが、
「買主」の方から値下げ幅に応じて「袖の下」(つまり謝礼)をもらったりする業者もあるので気をつけないといけません。
(これは違法すれすれ、というか謝礼の大きさによっては完全に違法となる場合もあります。)

 

「買取」「仲介」どちらを選ぶにせよ、ある程度の相場観を身に着けて、どの位で売却できそうかを自分で判断する必要があります。

 

相場観を身につけるには、複数の不動産会社の査定額が比較できる不動産一括査定がおすすめです。

 

page top