家を売りたいなら必ず見て下さい。2018年最新ランキング!

家を売りたい!2018不動産買取業者最新ランキング

 

→約1分で一括査定依頼!

 

不動産買取業者とは、売主と買主とを仲介する「仲介業者」ではなく、

 

不動産を直接買い取ってくれる「買取業者」のことです。

 

当サイトのランキングは、実際の取り引き実績を元に順位付けをしています。

 

↓不動産買取業者ランキング

カチタス
インテリックス
東急リバブル
双日新都市開発株式会社
フジ住宅

家を売りたいなら買取業者に任せるべき?

家を売る方法としては、不動産業者が直接買い取る「買取」と、買いたい人を見つけて不動産会社に間に入ってもらう「仲介」があります。

 

実際に家を売りたい時は、買取と仲介どちらを選ぶべきでしょう。

 

買取と仲介のメリット・デメリットを簡単に説明すると以下のようになります。

  • 「買取」は「仲介」よりも早く確実に売りやすい。
  • 「仲介」は「買取」よりも高く売れる可能性が高い。

 

とにかく早く売りたいなら「買取」、
時間をかけても高く売りたいなら「仲介」を選ぶと良いでしょう。

 

ここから先では「仲介」で家を高く売りたい人のための情報を掲載しています。
「買取」を希望の方や、「買取」と「仲介」の違いについて、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧下さい。

※買取と仲介の違いや、価格差ができる理由について詳しく解説しています。

 

家を高く売りたいなら、複数の不動産会社で査定しよう!

 

家を少しでも高く売りたいと考えているなら、無料で利用できる不動産一括査定サイトを利用するのが一番簡単な方法です。
そもそも、家などの不動産売却を有利に進めるためには、複数の不動産会社に査定を依頼して競い合わせる事が必須です。

 

でも、かなり面倒で労力がかかりますし、競い合わせるためには相応のテクニックが必要なので現実的ではありません。
そこで、利用したいのが不動産一括査定サイトです。

家を売りたい!2018不動産買取業者最新ランキング


→約1分で一括査定依頼!

 

不動産一括査定サイトを使う事によって以下のようなメリットが受けられます。

1分程度の入力作業だけで、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できるので楽ちん!

査定を比較することが前提のサービスなので、サービス競争がおこりこちらに有利な条件が出やすい!

悪徳企業や評判の悪い企業は排除されるので、自分で不動産会社を探すよりも安心!

デメリットとしては、「複数の不動産会社からの連絡に対応しなければいけないので面倒。」というところがありますが、得られるメリットの大きさから考えると小さなことです。
どうしても面倒だという人は、1社だけに査定を依頼する時でも一括査定サイトを使った方が良いです。

 

1社だけの依頼でも、査定を依頼された不動産会社は比較されていると思っているので、有利な条件が出やすくなります。

家を売りたい!2018不動産買取業者最新ランキング

 

面倒でも絶対に損したくない!少しでも高く売りたい!という人は、複数の不動産一括査定サイトを利用しましょう。
その際に気をつける事は、査定依頼する時に依頼した不動産会社をメモしておいて、2重依頼してしまうのを避けましょう。

 

家を売りたい人にオススメの不動産一括査定サイトランキング!【2018最新版】

最大10社に一括で見積もり依頼できるので、とことん比較したい方におすすめ!

私が自宅を売った時に一番の高額査定を出してくれたのはこのサイトでした。

ウェイブダッシュ(旧SBIライフリビング)が運営する不動産一括査定サイト!

提携不動産買取業者数は600社以上!

無料査定依頼は1分で完了可能!

500万円差が出た実績も!

最大10社に一括で査定を依頼できる!

主な提携業者


日本全国どこでも不動産業者が見つかるので、田舎物件を売りたい人におすすめ!

こちらのサイトもすごく使いやすかったです。

全国1400社以上の優良不動産会社が参加!

簡単60秒で最大6社に一括査定依頼!

お客様満足度98%!

プライバシーマーク取得企業なので安心!

主な提携業者


手厚いサポート体制が特徴なので、不安が多い方や自信の無い方におすすめ!

大手企業を含む約1000社の不動産会社が参加!

一括査定最大数は6社!

利用者数400万人突破の実績!

悪徳企業は徹底排除!安心です!

「なんでも相談室」「お断り代行」など万全のサポート体制!

一括見積もり利用で査定額が540万円アップした人も!

わずか1分で無料一括見積もり依頼完了!

主な提携業者

しっかりと比較して、少しでも高く家を売りたいなら全てのサイトに登録しましょう!
面倒なので、どれか1つだけにしたい人には最大10社(他は最大6社)から一括で査定依頼できる「RE-GUIDE不動産一括査定」がおすすめです!

 

不動産の買取価格は業者によって本当に違うのか?

家を売りたい!2018不動産買取業者最新ランキング

「不動産の買取価格は業者によって違うから、複数の買取業者の査定を比較した方が良い。」というのが、不動産を高く売るための定説ですよね。
でも、本当に不動産の買取価格は業者によってそんなに違いがあるのでしょうか?

 

私が実際に自宅を売った時に不動産一括査定を使った時の体験談をお話したいと思います。

わたしは、結婚後すぐに中古の一戸建てを購入したのですが、仕事の移動のために引越しをすることになり自宅を売却しました。
はじめは私も知識が無かったので、誰でも知ってる大手企業に査定を依頼しました。

 

査定の結果、思っていたよりも査定額が低かったため、一戸建てを売却したことがある知人に相談しました。
そこで、不動産一括査定の事を教えてもらいいくつかのサイトに登録しました。

 

全部で12社から査定をもらった結果、かなりのバラ付きがありました。
査定額を高くつけてくれた3社に絞って詳しく説明を聞いてみて、2番めに高い査定額をつけてくれた業者が一番信頼できそうだったので、お任せすることにしました。
(こちらは、わたしは全然知らなかったんですが地元では有名な老舗企業でした。)

 

結果、はじめの大手企業の査定額よりも350万円も高く売却することに成功しました。

 

最初の大手企業に任せていたらと思うとゾッとします。

このような体験から、「不動産の買取価格は業者によってぜんぜん違う」ということは間違いありません。

 

不動産の売却を考えているなら、不動産一括査定が絶対におすすめです。

 

不動産業者と営業マンの選び方!

不動産一括査定で複数の不動産会社に査定を依頼したら、3つのポイントに気を付けて会社を選びましょう!

 

  • 1.査定額の根拠をしっかりと説明できる事。
  • 2.近隣の売買実績がある事。
  • 3.違和感を感じる営業マンは避ける事。

 

査定額の根拠をしっかりと説明できる事。

複数の不動産会社に査定を依頼すると、会社によって査定額には大きな開きがあることがあります。
そんな場合に、「なぜその査定額になったか」というのは非常に重要です。
ただ査定額がいところを選んでしまうと、全く売れなくて結局値下げを繰り返すはめになってしまうかもしれません。

 

おおよその平均値よりも高い査定学、低い査定額を出した不動産会社には、その根拠の説明を求めましょう。
ここで曖昧な説明しかできないような不動産会社だったら安心して任せることはできないでしょう。

 

 

近隣の売買実績がある事。

近隣での売買実績が全く無い不動産会社は、できるだけ選ばないようにしましょう。
土地や建物の価値というのは、近隣の事情に左右されますので、近隣での売買実績が全く無い不動産会社だと心配です。

 

 

違和感を感じる営業マンは避ける事。

不動産会社の営業マンと話をしてみて、少しでも

 

・強引
・高圧的
・いいかげん
・無責任
・煽ってくる

 

などと感じた場合は、その営業マンは避けるべきです。

 

少し話しただけで上記のような違和感を感じるということは、付き合いが長くなると更にそういう部分が浮き彫りになってくると考えられます。
直感的に違和感を感じた場合は慎重になりましょう。

 

 

 

人が家を売る理由って?

家を売りたい!2018不動産買取業者最新ランキング

私は仕事の移動のために自宅を売却しましたが、家を内覧しに来た人によく聞かれたのが、

 

どうして家を売るんですか?

 

という事です。

 

家を購入する方からしてみれば、自分がこれから住もうとしている家が売られる理由を知りたいのは当然ですよね。

 

ご近所トラブルや家の不具合・欠陥などが利用であれば、できればそのような物件は避けたいというのが正直なところだと思います。

 

実際に、前向きな理由で家を売る人もいれば、ネガティブな理由で売る人もいます。

 

家を売る理由で代表的なものをまとめてみました。

 

↓前向きな理由

  • 家族が増えて手狭になった
  • 子供が独立して夫婦ふたりでは弘すぎる
  • 家を新築して引越しするから
  • 仕事の移動
  • 通勤に便利な場所へ引越したい
  • 一戸建てに住んでみたけど、マンションに引越したい

 

↓後ろ向きな理由

  • ローンの返済できない見通しのため
  • 借金の返済のため
  • ご近所トラブルのため
  • トラブルは無いが近所になじめない
  • 離婚のため
  • 近隣の環境が悪い
  • 事件・事故などで住みにくくなった

 

ご近所トラブルや、近隣環境などが理由の場合は、購入後に自分が住んだ時に同じ理由が悩みのタネになることも十分に考えられるため気をつけなければいけません。

 

逆に金銭的な事が理由の場合などは、売却を急いでいることが多いため通常よりも安く購入できる可能性が高いので狙い目という場合もあります。

 

家を良い条件で売りたいなら

家を売りたい!2018不動産買取業者最新ランキング

家を売るなら、その地域の相場に合った適切な価格で査定してくれる不動産業者を選ぶ必要があります。

 

他と比べてあまりに高い査定額を提示してくる不動産業差は要注意です。
地域には地域の相場があり、相場よりも高い場合はよっぽど良い条件でない限り売れません。

 

そもそも不動産は「査定額=売却価格」ではありませんし、実際に買ってくれるのは不動産会社でありませんよね。

 

不動産会社は「この場所でこの条件ならこの位なら売れるだろう」という見込みを立てて査定額を提示するわけです。

 

不動産会社の中には最初に高い査定額を提示して契約を取り付けた後に、「売れないから価格を下げましょう」と提案してくるところもあります。
最初から契約を取るために高額の査定額を出してきたというわけです。

 

そういった事を避けるためにも、まずは周辺地域の相場を知ることが大切です。

 

不動産一括査定サイトを利用して複数の不動産業者から査定を出してもらうことでおおよその相場を知る事ができます。

 

さらに、高い査定額、安い査定額を出した不動産業者にはその理由をよく聞いてみると良いでしょう。
他の業者が見落としているその物件の強みや弱みを見つける事ができるかもしれません。

 

強みがわかればそこを押し出し、改善できる弱みは改善することによって、より良い条件で売買を進める事ができるようになります。

 

 

家を売るときに知っておきたい基本的な手順について

家を売ることを希望した場合、手順というものがあるので、明確にしておくことが欠かせません。
まずは、住みながら売るのか引越ししてから売るのかで違いがあります。

 

どちらのケースも不動産会社を通じて仲介業務を行ってもらう方法が基本ですが、新しい住宅を確保できていない場合では、住みながら売る方法です。
内覧に来る人に好印象を与えるように、室内環境を良好にしておくことが必要です。

 

既に引越しした方であれば、掃除を十分に済ませておけば問題がありません。
仲介業務では家を売る際に駆け引きが生じる可能性もあるので、十分に話し合いをして売値を決めることも大切なことです。

 

その後は気に入ってくれた人が現れると、利用先の不動産会社で双方の手続きを行うことなので意外と簡単な手順で済ませることができます。

 

 

家を売るにはどうしたらいいのか教えます

今まで住んできた家を売るにはどうしたらいいのかという疑問を解消できるのは、地元の不動産会社に相談するのがもっとも賢い選択となります。
それは地元のことをよく理解している不動産会社であれば、適性な売却の相場を把握していますし、地域特性も把握しているのでより売るための戦略を立てることができるからです。

 

ではそうした地元の不動産会社を探すにはどうすればいいのかですが、これに関してはインターネットで探して下さい。
そうすれば効率的に探すことができますのでおすすめです。

 

最後に営業担当者との相性も大事になってきますので、相談してみて相性が合わないようであれば他の不動産会社を利用します。
相性が悪い営業担当者に相談してもストレスになりますので、相性が良い営業担当者がいる不動産会社を選びましょう。

 

家を売るときにかかる税金

家を売るときには税金が問題になるというイメージを持っている人もいるでしょう。
しかし、実際には税金がかからないケースのほうが多いです。

 

私たちの日常でも、ゲームを売ったり服を売ったりすることはあります。
そのときに税金がかかるかと考えてみると、むしろそのようなケースはレアだということに気づきます。

 

家についても、建物は消耗品なので購入した時の価格よりも高く売却できることは稀です。
土地は消耗品ではありませんので、購入した価格よりも高く売れることはあるでしょう。

 

仲介手数料なども高額なので、トータルではやはり安くなることのほうが多いはず。
家の売買にかかったコストを差し引いてもなお利益が出ている場合には確定申告をして所得税・住民税を納める必要があります。
譲渡所得にかかる税金は短期なら20%、長期なら39%です。

 

軽減税率の特例が適用されたらもっと安くなるので、税理士などに相談だけでもしてみましょう。

 

page top